公開履歴
    鏡を見て、髪の問題を心配する男性

    薄毛の治療をする時によく用いられる成分としては、ミノキシジルを挙げることができます。
    このミノキシジルは元来内服用の降圧剤として開発された薬でした。
    しかし、高血圧の人が薬を服用したところ、全身の毛が濃くなったということが頻繁にみられ、育毛剤としても使用されるようになりました。
    毛が濃くなる理由としては、ミノキシジルという成分に血圧を下げるという効果にみられるように、血管を拡張させるという作用があるからであると考えられます。
    特に薄毛の人は、頭皮から髪の毛に十分な栄養が行き届いていないといわれています。
    そこで、ミノキシジルを塗布することによって、頭皮の毛細血管を拡張して血流を促すことによって、十分な栄養を血液を通して行きわたらせることができるようになるということになります。
    ミノキシジルはこれまで頭皮に塗るタイプの育毛剤として販売されていましたが、最近では服用するタイプのミノキシジルも販売されるようになりました。
    効果については、内服薬として服用する方がより薄毛の改善には効果的であるといわれていますが、副作用については飲むタイプのミノキシジルの方が危険性が高いといわれているので、安全性を重視するのであれば頭皮に塗布するタイプの育毛剤を使用するとよいでしょう。
    副作用として考えられている点としては、髪の毛以外の毛が濃くなったり、血圧が下がり過ぎてしまったり、血行が良くなることによって皮脂の分泌が活発化しすぎて肌荒れを引き起こしたりといった副作用が出る可能性があります。
    また、中には性欲が減退したという報告もありますから、どのような副作用が出るかは個人によって変わってきます。
    ですから、まずはミノキシジルのメカニズムや副作用などについて知った上で使用するということが大事になってきます。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    アーカイブ
      人気記事一覧
        サイト内検索
        最近の投稿