• ホーム
  • フィナステリドとセットになることが多いミノキシジル

フィナステリドとセットになることが多いミノキシジル

薬を持っている男性

薄毛に悩む人に効果の高い発毛手段としてフィナステリドやミノキシジルの使用がよく知られていますが、時として両方を併用する場合がありますが、これは作用機序の違う2種類による相乗効果を狙ったものです。
フィナステリドは5α-還元酵素を阻害します、この酵素は男性ホルモンとして普通に作用するテストステロンよりも強力に作用し男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンに変えてしまいます、この酵素の働きを止めることで脱毛を抑えます。
また、ジヒドロテストステロンは前立腺細胞を増殖させるため前立腺肥大症の原因となります、フィナステリドは本来前立腺肥大症の医薬品なのです。

一方のミノキシジルは本来高血圧症の人が使う医薬品で、しかもプロドラッグと呼ばれるものなので血圧降下作用については一旦肝臓で代謝されないと効果を発揮できませんが、外用として使用した部位へどうやって発毛を促すのかという作用機序は実のところよくわかっていません、外用で効果が出ているということは直接働きかけがあるということで、肝臓で代謝されない状態でも毛根部に何かしらの作用を及ぼすのは容易に推察できますし、事実として発毛が見られます。
ミノキシジルを内服する人もいますが本来は血圧降下剤なので血管拡張が起きます、しかも拡張は動脈だけで静脈は変化しません、その結果として心臓へ戻ってくる血液の量が増えて心拍数も上がるので服用する量は少なめから始めて様子を見たほうが無難でしょう、外用に於いてはそういった点についてあまり心配する必要はありません。

また、ミノキシジルの内服では頭部以外の体毛も濃くなる傾向が見られます。
フィナステリドとミノキシジルの併用は、内服によりフィナステリドが脱毛の原因物質の発生を抑え、外用によりミノキシジルが毛根部の活性化をするという異なる働きの相乗効果を期待したものなのです。

人気記事一覧